イタチの被害

イタチは天井裏に住みつくことがあります。イタチは小動物を食い散らかすため、ウジやハエ、ゴキブリ等の発生にうながることがあります。臭いや床板の傷にもつながるので早めに駆除を行う必要があります。

鳩の駆除

鳩は大人しい鳥ですが、民家の近くに巣を作ることがありあす。糞による被害が多くなり、近年鳩の対策を行うことも多くなってきました。市販の鳩よけグッズもありますが、効果がない場合は駆除の業者に依頼することが必要です。

詳細はこちら
害獣が住んだ場合

害獣が住んでしまった場合、自分だけで駆除を行うことが難しいこともあります。このようなときに害獣駆除サービスを利用すると捕獲や駆除を置こなてくれます。また、侵入経路を塞ぐことや、今後の対策を行ってくれます。

詳細はこちら

利用法の把握

自分ではできない鳩の駆除は専門家に任せると対応してくれますよ。被害が拡大してしまう前に頼んでおきませんか?

屋根裏のイタチを退治するならこちらがお勧めです。アレルギー等の二次被害が発生する前に早めの対策をしておきましょう。

駆除サービスの利用方法

身近なところでキイロスズメバチの巣を発見してしまったら、まず最初に駆除専門業者を探しましょう。大変危険なので、自分でなんとかしようとは思わないでください。へたをすると命に関わる大惨事につながりかねません。キイロスズメバチはとても攻撃性の高い種類のハチです。一度刺激をされた巣のキイロスズメバチは、それ以降、その巣の近くを通るご家族や他の方々をも攻撃しようとしてきます。しかしながら、駆除業者を探す間、何日も何ヶ月も悠長に放っておくというのもまた大変危険です。すみやかに業者を選定しましょう。そしてすみやかに駆除してもらうことをお勧めします。昨今インターネットで簡単にキイロスズメバチの駆除業者を探す事ができます。状況などを事前に詳しくメールやお問い合せフォーム、もしくは電話で連絡しておくとよいでしょう。

どんなところにキイロスズメバチがいるのか

さて、キイロスズメバチは一体どんなところに出没するのでしょうか。それは、恐るべし、全国どこにでも居るのです。というのも、キイロスズメバチは雑食で、ジュースの空き缶や、ゴミに含まれる糖分なども餌にして食べてしまいます。そのため、木々の多い森や山など田舎だけでなく、都会の市街地の民家のすぐ近くに巣を作ることもよくあるのです。季節も、1月2月などの真冬以外はほぼいつでも出没します。夏の薄手の服の場合は言うまでもなく針は貫通するし、冬のセーターの上でも油断は禁物です。キイロスズメバチは非常に大きく、2センチ以上あるものも多くいます。また、巣の外からでは一見すると分からないのですが、おびただしい数のハチが潜んでいるのです。市街地ではなおさら、ご近所様に迷惑のかからないようにすみやかにプロによる駆除をおこなわれることをお勧めします。

24時間いつでも害獣駆除を依頼できる專門業者があります。イタチやアライグマなど幅広い害獣の駆除を依頼出来ますよ。